Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でタスクマネージャーを開く4つの方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でタスクマネージャーを開く方法を解説します。

多くの方がフリーズしたアプリを終了する事に使うと思いますが、動いているアプリやプロセスを確認したり CPU やメモリの状況を確認する事ができるツールがタスクマネージャーです。

タスクマネージャーを開く方法

ショートカットキーで開く

これは従来の Windows からおなじみの方法です。以下のショートカットキーを入力してタスクマネージャーを開けます。

Ctrl + Shift + Esc

タスクマネージャーが開きました。簡易表示になっている場合は、詳細を選択すると詳しいタスクマネージャーが開きます。

スタートボタンから開く

スタートボタンを右クリックして、メニューの中からタスクマネージャーを選択します。

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

Windows ツールフォルダーの中にタスクマネージャーがあるので、ここから開く事ができます。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択して、検索窓に「タスク」と入力します。検索結果にタスクマネージャーが表示され、ここから開く事ができます。

タスクマネージャーのショートカットを作る

タスクバー

これまでに紹介した方法でタスクマネージャーを開いてください。

タスクバーのタスクマネージャーのアイコンを右クリックして、メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

するとタスクマネージャーを閉じても、タスクバーにアイコンが残っていつでも開けるようになります。

スタートメニュー

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択して、検索窓に「タスク」と入力します。検索結果にタスクマネージャーが表示され「スタートにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにタスクマネージャーが追加されました。

デスクトップ

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

Windows ツールフォルダーの中のタスクマネージャーをデスクトップへマウスでドラッグします。

デスクトップにタスクマネージャーのショートカットができました。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.