Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ディスプレイ  

Windows11でタッチインジケーターを有効にしてタッチした場所を表示する

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でタッチインジケーターを有効にして、画面をタッチした場所をわかりやすく表示する方法を解説します。

タッチインジケーターは画面をタッチした場所に円のアニメーションを表示する仕組みです。

※タッチインジケーターはタッチパネル対応ディスプレイ、またはタッチパネル対応ノートパソコンでのみ使用できる機能です。

タッチインジケーターを有効にする方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアクセシビリティを選択し、マウスポインターとタッチボタンを押します。

タッチインジケーターのスイッチをオンにします。

すると画面をタッチすると、上図のようにタッチした場所が薄い円で視覚効果として表示されます。

表示される円を濃くする

タッチしたら表示される円が薄いと思う場合、さらに濃くしてわかりやすくする事ができます。

タッチインジケーターのメニューを展開し、「円の色を濃くして大きくする」のチェックボックスをオン☑にします。

すると画面をタッチしたら表示される円が更に大きく濃くなってわかりやすくなります。

スポンサーリンク

-ディスプレイ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.