Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ディスプレイ  

Windows11でリフレッシュレートを確認・変更する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でディスプレイのリフレッシュレートを確認したり、変更する方法を解説します。

リフレッシュレートとは画面を1秒間に何回更新するかという数値です。数値が大きいほど滑らかに動きます。1秒間に60回更新できるディスプレイであれば、60Hz がリフレッシュレートという事になります。

一般的な液晶ディスプレイ、テレビはリフレッシュレートが60Hzです。それ以上となるとゲーム用ディスプレイとなり、144Hz、240Hz の能力を持つディスプレイも販売されています。

リフレッシュレートを確認、変更する方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択し、ディスプレイボタンを押します。

下の方へスクロールして、関連設定の「ディスプレイの詳細設定」ボタンを押します。

リフレッシュレートの選択のドロップダウンメニューで、ディスプレイのリフレッシュレートを確認、変更ができます。

※リフレッシュレートが高いほど滑らかに動きますが、消費電力は大きくなります。

リフレッシュレートを変更できない

リフレッシュレートの選択が1つしかないので変更できない…。そういう場合の確認事項です。

  • ディスプレイが高リフレッシュレートに対応しているか
  • 接続ケーブルが高リフレッシュレートに対応しているか

一般的なディスプレイのリフレッシュレートは 60Hz です。高リフレッシュレートに対応したディスプレイじゃないと、リフレッシュレートを変更する事はできません。

また接続ケーブルも高リフレッシュレートに対応していなくてはいけません。よくある過ちはディスプレイの接続ケーブルを再利用した場合です。古いケーブルでは対応していない場合があるので、ディスプレイに付属しているケーブルで接続しましょう。

滑らかに動かない

高リフレッシュレートのディスプレイを導入したのに滑らかに動かない…。そういう場合の確認事項です。

  • グラフィックボードの性能は十分か?
  • ゲーム内にもリフレッシュレートの設定がある場合があります

高リフレッシュレートに対応したディスプレイを導入しても、グラフィックボードの性能が貧弱では滑らかに動きません。

またゲーム内にもリフレッシュレートの設定がある場合があり、通常は60Hzで固定されているかもしれません。

スポンサーリンク

-ディスプレイ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.