Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

文字入力  

Windows11でタッチキーボードを使う方法とカスタマイズ

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でタッチキーボードを使う方法とカスタマイズについて解説します。

タッチキーボードは物理キーボードがないタブレット端末で文字入力に使用します。タブレット以外でもマウスで文字入力したい場合にも使える機能です。

タッチキーボードを表示する方法

タッチキーボードはタブレット端末の場合、文字入力が必要になる所で自動的に表示されます。

それ以外でタッチキーボードを表示したい場合は以下の方法で表示します。

タスクバーから表示

タスクバー右側のキーボードボタンを押す事で、タッチキーボードをいつでも表示できます。

ボタンがない場合は以下の方法でボタンを表示します。

タスクバーの何もない所を右クリックして、タスクバーの設定を開きます。

タスクバーのコーナーアイコンメニューを展開し、タッチキーボードのスイッチをオンにします。

これでタスクバーに常にタッチキーボードボタンが表示されます。

タッチキーボードのカスタマイズ

タッチキーボードの色や大きさ、文字サイズはお好みに応じてカスタマイズできます。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより個人用設定を選択し、タッチキーボードボタンを押します。

キーボードのサイズを変更

キーボードのサイズスライダーを左右に動かして調整します。左ほど小さくなり、右ほど大きくなります。

スライダーを一番左にした最小のタッチキーボードです。

スライダーを右にした最大のキーボードです。画面の大きさによっては一番右側でなくても最大サイズになってしまう場合があります。

キーボードの色を変更

キーボードのテーマの中からお好みのテーマを選ぶと、キーボードの色を変える事ができます。

またカスタムテーマを選択して編集ボタンを押すと、文字色やキーボタン、背景色を1から自分で指定してオリジナルのタッチキーボードテーマを作成できます。

タッチキーボードを色を変更するとこのようなイメージになります。

文字サイズを変更

主な文字サイズのドロップダウンメニューから文字の大きさを設定できます。文字が見にくいという場合は、大きく変更してみましょう。

  • 小(既定)

背景の設定

主な背景のスイッチで、背景のオン/オフを切り替えられます。背景とは各キーの陰影の事です。

主な背景をオフにすると、キーの陰影がなくなり平面になっているのがわかります。

タッチキーボードの使い方

日本語・英数入力の切替

日本語、英数字入力の切替は、画面左下の赤枠部のボタンを押して切り替えます。

音声入力する

声で文字を入力するには、スペースキーの右にあるマイクボタンを押します。

IMEの切り替え

日本語入力の IME を他のものに切り替えるには、右下の赤枠部のボタンを押します。

絵文字の入力

タッチキーボードでも絵文字を入力する事ができます。

画面左上のハートのボタンを押します。

顔アイコンのボタンを押します。

入力したい絵文字を選択してください。赤線部のアイコンを選ぶ事で、カテゴリ別に絵文字を選ぶ事もできます。

また、絵文字リスト上でマウスのスクロールをすると、隠れた続きの絵文字を見る事ができます。

スクリーンキーボードを表示する方法

タッチキーボードとよく似たものにスクリーンキーボードというアプリがあります。こちらは従来の Windows から存在したものです。

特徴は物理キーボードのキー配列と同じようになっており、タッチキーボードよりもキーの数が多いです。

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの「W」の項目にある Windows 簡単操作フォルダーを開き、スクリーンキーボードを開きます。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「スクリーンキーボード」と入力します。

検索結果からスクリーンキーボードを開けます。

ショートカットキーで開く

以下のショートカットキーを入力する事で、スクリーンキーボードのオン/オフを切り替える事ができます。

Win キー + Ctrl + o

スクリーンキーボードが開きました。

スポンサーリンク

-文字入力

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.