Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ネットワーク  

Windows11でインターネットを切断してオフラインにする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でインターネット接続を切断してオフラインにする方法を解説します。

インターネット接続は常時接続が当たり前になりました。いつでもインターネットに接続された状態で、絶えずデータのやり取りを行っています。

しかしあえてインターネット接続を切断する必要性がある時もあるでしょう。例えばコンピューターウイルスに侵された場合、他に移らないように接続を遮断するという事などが考えられます。

インターネットを切断したい時は以下のように行ってください。

パソコンをオフラインにする方法

有線接続の場合

有線で接続されている場合は LAN ケーブルを抜く事が一番手っ取り早い方法です。しかし安易に抜けない場合もあるでしょう。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりネットワークとインターネットを選択し、下の方へスクロールして「ネットワークの詳細設定」ボタンを押します。

ネットワークアダプターのイーサーネットの右側にある「Disable(無効)」ボタンを押します。

再度インターネット接続を復活させたい場合は、同じ場所で「Enable(有効)」ボタンを押してください。

Wi-Fiの場合

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりネットワークとインターネットを選択します。

Wi-Fi のスイッチをオフにしてください。

すると Wi-Fi が無効になり、無線のインターネット接続が遮断されます。タスクバーの右下にもインターネット未接続のアイコンが表示されている事が確認できます。

※ノートパソコンによってはデバイス自体の側面に Wi-Fi スイッチが付いている機種もあります。

スポンサーリンク

-ネットワーク

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.