Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ネットワーク  

Windows11でプロキシを設定する方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でプロキシサーバーの設定をする方法を解説します。

プロキシサーバーとは、インターネット接続の際に直接接続せずに間に挟んで接続するサーバーの事です。

インターネット接続する際にまずプロキシサーバーに接続して、それからインターネットに接続します。

直接接続しないので、誰の端末が接続したかという事はわかりにくくなります。その為、匿名性は高くなります。

他にも以下のような恩恵があります。

  • 会社などで全てのパソコンのアクセスを記録できる
  • キャッシュを共有できる
  • 特定のウェブサイトのアクセスをブロックすることが可能

会社に何台ものパソコンがある場合、インターネット接続に1台のプロキシサーバーを経由する事で全てのアクセスを記録することができます。

インターネット接続のキャッシュをプロキシサーバーに記録しておく事でキャッシュを共有し、各々のパソコンがインターネットからデータをダウンロードしなくても良くなります。

また、すべてのインターネット接続をプロキシサーバーを経由するので、特定のウェブサイトをブロックするということも可能になります。

プロキシサーバーの設定

Windows11 側でのプロキシサーバーの設定です。

スタートボタンを押して、スタートメニューから設定を開きます。

左メニューよりネットワークとインターネットを選択し、プロキシボタンを押します。

プロキシ設定には3つの設定方法があります。

  • 自動プロキシ設定
  • セットアップスクリプトを使用
  • 手動プロキシ設定

自動プロキシ設定

自動プロキシセットアップの「設定を自動的に検出する」のスイッチがオンの場合、プロキシ設定が有効になっています。

自動プロキシ設定は DNS サーバー等のプロキシ設定を自動的に読み込みます。

セットアップスクリプトを使用

すべてのインターネット接続でプロキシサーバーを使用しない、条件によってプロキシサーバーを変えるという場合に PAC(proxy auto-config)ファイルを使用します。これは JavaScript で書かれたプロキシ設定ファイルです。

自分で記述するにはプログラミングの知識が必要になります。

条件を指定して自動的に PAC ファイルを生成してくれるウェブサービスもあります。

CyberSyndrome : Proxy Autoconfig - プロキシ自動設定ツール

「セットアップスクリプトを使用する」の隣りにあるセットアップボタンを押します。

「セットアップスクリプトを使用する」のスイッチをオンにします。

そしてスクリプトのアドレスには PAC ファイルのパスを入力します。

入力したら保存ボタンを押します。

手動プロキシ設定

プロキシサーバーの IP アドレスとポート番号を直接指定する設定方法です。

手動プロキシセットアップのセットアップボタンを押します。

「プロキシサーバーを使用する」のスイッチをオンにします。

プロキシサーバーの IP アドレスをポート番号を入力します。

「次のエントリで始まるアドレス以外にプロキシサーバーを使用します」の欄では、プロキシサーバーを使用しない URL を指定する事ができます。

「ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない」のチェックボックスをオンにすると、家庭内や社内のサーバーにはプロキシサーバーを介さず接続します。

スポンサーリンク

-ネットワーク

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.