Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Windows11  

Windows11で位置情報サービスを無効と履歴を削除する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で位置情報サービスを無効にする方法を解説します。

位置情報とはあなたのパソコンまたはタブレット端末が今どこにあるのかという情報です。この位置情報が活用されると、例えば天気予報を調べる時に地名を入力しなくても現在地の天気予報が表示されます。また、パソコンを紛失、盗難にあった時に位置情報で追跡する事が可能になります。

位置情報は役に立つ機能を提供してくれますが、位置情報を使われたくない時は無効にすることもできます。

位置情報を無効にする方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりプライバシーとセキュリティを選択し、アプリのアクセス許可にある位置情報ボタンを押します。

位置情報サービスのスイッチをオフにします。設定は即時反映されます。

位置情報を使うアプリを個別に許可をする

位置情報サービスのスイッチをオフにすると完全に無効化されてしまいますが、位置情報を使うアプリごとに個別に許可をする事もできます。

「アプリに位置情報へのアクセスを許可する」のスイッチをオンにします。

更に「アプリに位置情報へのアクセスを許可する」部分を押すとメニューが展開されます。

位置情報の使用を許可するアプリのスイッチをオンにしてください。

位置情報の履歴を削除する

Windows11 は位置情報の履歴を一定期間保持する仕組みがあります。この位置情報の履歴を手動で削除できます。

位置情報の履歴を削除するには、場所の履歴のクリアボタンを押してください。

チェックマークが付いたら削除完了です。

スポンサーリンク

-Windows11

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.