Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11の時計に「午前/午後/AM/PM」を付けて12時間制にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 のタスクバーに表示されている時計を12時間制にする方法を解説します。12時間制にすると午前/午後が付くようになります。

Windows11 の標準の時計は24時間制となっています。設定次第では12時間制にする事が可能です。

時計を12時間制にする方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより時刻と言語を選択し、言語と地域ボタンを押します。

地域設定を押してメニューを展開します。

形式を変更ボタンを押します。

時刻(短い形式)のドロップダウンメニューより、午前が付いた時刻を選択します。時計を常に2桁で表示する場合は、一番下を選択してください。

設定は即時反映され、タスクバーの時計が12時間制になります。

AM/PM表記にしたい

午前/午後表記ではなく、AM/PM 表記にする事もできます。

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

時計と地域の下の「日付、時刻、数値形式の変更」を選択します。

地域ウィンドウが開いたら「追加の設定」ボタンを押します。

形式のカスタマイズウィンドウが開いたら、時刻タブを開きます。

時刻の形式で、午前の記号・午後の記号をそれぞれ「AM/PM」に設定します。

OK ボタンを押してください。

再度 OK ボタンを押して地域ウィンドウを閉じます。

もう一つ設定があります。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより時刻と言語を選択し、言語と地域ボタンを押します。

地域設定を押してメニューを展開します。

形式を変更ボタンを押します。

時刻(短い形式)のドロップダウンメニューより、AMが付いた時刻を選択します。

設定は即時反映され、タスクバーの時計が AM/PM 表記になりました。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.