Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダー  

Windows11でフォルダーオプションを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でフォルダーオプションを開く方法とショートカットを作る方法を解説します。

フォルダーオプションはフォルダーの動作や表示方法を設定する画面です。

拡張子の表示/非表示、隠しファイルの表示/非表示、フォルダーのクリック動作などの設定ができます。

※フォルダーオプションとエクスプローラーのオプションは同じものです。

フォルダーオプションを開く方法

エクスプローラーから開く

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

「…」ボタンを押してメニューの中からオプションを選択します。

フォルダーオプションが開きました。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「フォルダーオプション」と入力します。

検索結果の中からエクスプローラーのオプションを選択します。

コントロールパネルから開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

画面右上の表示方法を大きいアイコンにして、一覧の中からエクスプローラーのオプションを選択します。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力します。

control folders

エクスプローラーのオプションが開きました。

フォルダーオプションのショートカットを作る

デスクトップ

コントロールパネルのエクスプローラーのオプションを右クリックして、メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?という確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

デスクトップにエクスプローラーのオプションのショートカットが作成されました。

スタートメニュー

デスクトップの何もない所で右クリックし、メニューの中から「新しいアイテム」→「ショートカット」を選択します。

ショートカットの作成画面が開くので、項目の場所には次のように入力して OK ボタンを押します。

control folders

ショートカットに名前を付けます。ここではわかりやすくフォルダーオプションと入力しました。

最後に完了ボタンを押します。

一旦デスクトップにショートカットができます。しかしアイコンがコントロールパネルと同じなのでわかりにくいですね。アイコンを変更してみましょう。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

プロパティが開いたら「アイコンの変更」ボタンを押します。

アイコンの変更画面が開きましたが、アイコンが一種類しかありません。

違うアイコンを表示するために「このファイル内のアイコンを検索」のテキストボックスに次のように入力して Enter キーを押します。

%SystemRoot%¥System32¥SHELL32.dll

わかりやすいようにフォルダーのアイコンを選択して OK ボタンを押します。

アイコンが変更されました。更にショートカットを右クリックしてメニューの中から「その他のオプションを表示」を選択します。

続けて表示されるメニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにフォルダーオプションがピン留めされました。

スポンサーリンク

-ファイル・フォルダー

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.