Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダー  

Windows11でファイル名を指定して実行を開く方法と履歴を消す方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でファイル名を指定して実行を開く方法を解説します。

ファイル名を指定して実行を使うと、開きたいものをわざわざ探さなくてもファイル名で手早く目的のものを開くことができる機能です。

例えば以下のようなものがファイル名で開けます。

  • notepad:メモ帳
  • mspaint:ペイント
  • calc  :電卓
  • regedit:レジストリエディター
  • cmd  :コマンドプロンプト

これらはあくまで一例で、他にもたくさんあります。

ファイル名を指定して実行を開く方法

スタートボタンから開く

スタートボタンを右クリックして、メニューの中から「ファイル名を指定して実行」を選択します。

ショートカットキーで開く

以下のショートカットキーでファイル名を指定して実行を開けます。

Win キー + R

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

Windows ツールフォルダーの中にファイル名を指定して実行があります。

ファイル名を指定して実行のショートカットを作る

デスクトップ

スタートメニューのすべてのアプリの中から Windows ツールを開きます。

ファイル名を指定して実行を右クリックして、メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?という確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

ファイル名を指定して実行のショートカットがデスクトップに作成されました。

スタートメニュー

前述の方法でデスクトップにショートカットを作ってください。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにファイル名を指定して実行がピン留めされました。

タスクバー

ファイル名を指定して実行を開いている状態でタスクバーのアイコンを右クリックします。メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

ファイル名を指定して実行の履歴を消す

ファイル名を指定して実行は使用する度に履歴が残ってしまいます。

この履歴を削除する方法を解説します。

設定から削除

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりプライバシーとセキュリティを選択し、Windows のアクセス許可の全般ボタンを押します。

「Windows にアプリ実行の追跡を許可して、スタートメニューと検索結果の質を向上させる」のスイッチをオフにします。

ファイル名を指定して実行の履歴が削除されました。

エクスプローラーから削除

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

「…」ボタンを押してメニューの中からオプションを選択します。

フォルダーオプションが開いたら、「エクスプローラーの履歴を消去する」の隣にある消去ボタンを押します。

消去ボタンを押しても何も反応はありませんが、ファイル名を指定して実行の履歴が削除されています。

スポンサーリンク

-ファイル・フォルダー
-

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.