Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でローカルグループポリシーエディターを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でローカルグループポリシーエディターを開く方法を解説します。

※ローカルグループポリシーエディターは Windows11 Pro にしか存在しません。

ローカルグループポリシーは、通常の Windows の設定ではできないような事も設定できるツールです。パスワードの文字数規定、リムーバブルメディアの使用禁止など様々な設定が可能です。会社内でたくさんのパソコンを運用する時に重宝します。

ローカルグループポリシーエディターの開き方

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「グループポリシー」と入力して候補の中からグループポリシーの編集を開きます。

ローカルグループポリシーエディターが開きました。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

gpedit.msc

ローカルグループポリシーエディターが開きました。

ローカルグループポリシーエディターのショートカットを作る

デスクトップ

デスクトップの何もない所で右クリックして、メニューの中から「ショートカット」を選択します。

項目の場所には以下のように入力します。

gpedit.msc

次へボタンを押します。

ショートカットにわかりやすい名前を付けます。ここではローカルグループポリシーエディターと入力しました。

完了ボタンを押します。

ローカルグループポリシーエディターのショートカットがデスクトップに作成されました。

スタートメニュー

まず前述の方法でデスクトップにショートカットを作成します。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにローカルグループポリシーエディターがピン留めされました。

タスクバー

まず前述の方法でデスクトップにショートカットを作成します。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「その他のオプションを表示」を選択します。

更に表示されるメニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

タスクバーにローカルグループポリシーエディターがピン留めされました。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.