Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でTPMのバージョンを確認する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で TPM(Trusted Platform Module)のバージョンを確認する方法を解説します。

TPM はセキュリティを高めるためのチップで、Windows の改ざんを検知、安全な暗号化機能、デジタル署名の生成・検証の機能があります。

TPMのバージョンを確認する

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の覧には次のように入力します。

tpm.msc

TPM の管理ウィンドウが開きます。

TPM 製造元情報の覧で、仕様バージョンの記載があります。ここで TPM のバージョンを確認することができます。

Windows11 では TPM バージョン2.0が必須なので、必ず TPM2.0が搭載されています。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.