Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11で資格情報マネージャーを表示する方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

資格情報マネージャー

Windows11 で資格情報マネージャーを開く方法を解説します。

資格情報マネージャーではネットワークドライブや共有フォルダーのユーザー名やパスワードを確認・編集・削除ができます。

資格情報マネージャーを開く方法

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓には「資格情報マネージャー」と入力します。

検索結果から資格情報マネージャーを開く事ができます。

コントロールパネルから開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

右上の表示方法を大きいアイコンにして、一覧の中から資格情報マネージャーを選択します。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

control /name Microsoft.CredentialManager

資格情報マネージャーが開きました。

資格情報マネージャーのショートカットを作る

デスクトップ

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

画面右上の表示方法を大きいアイコンにして、資格情報マネージャーを右クリックします。

メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?という確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

デスクトップに資格情報マネージャーのショートカットが作成されました。

スタートメニュー

前述の方法でデスクトップに資格情報マネージャーのショートカットを作ってください。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

資格情報マネージャーがスタートメニューにピン留めされました。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.