Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダー  

Windows11で隠しファイルを表示・非表示にする、作る方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で隠しファイルを表示・非表示にする方法、また隠しファイルを作る方法について解説します。

隠しファイルとはその名の通り見えないファイルです。Windows の心臓部であるシステムファイルは消されると困るので、標準で隠しファイルになっています。

システムファイルでなくても、あなたが作成したファイルも隠しファイルにする事もできます。

隠しファイルを表示・非表示にする方法

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

「…」ボタンを押してメニューの中からオプションを選択します。

フォルダーオプションが開いたら、表示タブを開きます。

ファイルとフォルダーの表示で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択して OK ボタンを押します。

隠しファイルを非表示にするには「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示しない」を選択します。

隠しファイルを作る

隠しファイルにしたいファイル、またはフォルダーを右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

属性の隠しファイルのチェックボックスをオン☑にして OK ボタンを押します。

これで隠しファイルとなり、通常は見えなくなります。

隠しファイルの見分け方

隠しファイルを表示する設定の場合、隠しファイルのアイコンは半透明に表示されます。

システムファイルを表示する

システムファイルとは Windows の心臓部となるファイルで、標準で非表示となっています。誤って削除したりすると Windows が起動しないなど深刻なトラブルになる可能性があります。

どうしても表示する必要性がある時は、以下の方法で表示できます。

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

「…」ボタンを押してメニューの中からオプションを選択します。

フォルダーオプションが開いたら、表示タブを開きます。

詳細設定の「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックボックスをオフにします。

システムファイルを表示する際に警告が出ます。「はい」ボタンを押すと、システムファイルが表示されます。

スポンサーリンク

-ファイル・フォルダー

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.