Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でイベントビューアーを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でイベントビューアーを開く方法を解説します。

イベントビューアはあなたのパソコンに起きた出来事やエラーなどのログを閲覧するためのアプリです。

パソコンが起動した時刻、シャットダウンした時刻も記録として残されます。パソコンに不具合が発生した時にイベントビューアーでログを見ると、不具合の原因を突き止める事ができる可能性があります。

イベントビューアーを開く方法

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリの中から W の項目にある Windows ツールを開きます。

Windows ツールの中にイベントビューアーがあるので、ここから開く事ができます。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓にイベントと入力します。

検索結果からイベントビューアーを開くことができます。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

regedit

これでイベントビューアーが開きます。

イベントビューアーのショートカットを作る

デスクトップ

すべてのアプリの中から Windows ツールを開きます。

イベントビューアーを右クリックして、メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?という確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

デスクトップにイベントビューアーのショートカットが作成されました。

スタートメニュー

前述のようにデスクトップにショートカットを作ります。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにイベントビューアーがピン留めされました。

タスクバー

イベントビューアーを起動している状態でタスクバーのアイコンを右クリックし、メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

イベントビューアーの見方

左メニューより Windows ログを開き、システムログやアプリケーションログを閲覧します。

ブルースクリーンなどエラーが発生した場合は、赤い!アイコンで記録されています。ダブルクリックで詳細を表示できます。

その前後にもエラーの原因となる情報がログとして残っているかもしれません。

パソコンの起動とシャットダウン

イベントビューアーのシステムログからパソコンが起動された時刻がわかります。勝手に再起動された時に、原因を突き止めるのに役立つかもしれません。

イベント ID は12です。

パソコンのシャットダウンログも記録されています。

イベント ID は13です。

ログの絞り込み

Windows のログは膨大すぎて調べるのは大変です。ログの絞り込み機能もあります。

右側の「現在のログをフィルター」を選択します。

以下の項目で絞り込む事ができます。

  • ログの日付
  • イベントレベル
  • イベントソース
  • イベントID
  • キーワード
  • ユーザー
  • コンピューター

ブルースクリーンなどのエラーを調査するなら、イベントレベルを「重大」にチェックするとすぐに見つかります。

ログをファイルとして保存

Windows ログをファイルとして書き出す事ができます。

「全てのイベントを名前をつけて保存」を選択します。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.