Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダー  

Windows11でXPS(OXPS)ファイルを開く方法【XPSビューアー】

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で XPS/OXPS ファイルを開く方法を解説します。

XPS ファイルは PDF のような電子文書のファイルフォーマットで、閲覧環境を問わず同じように表示できるという特長があります。PDF は Adobe が開発し、XPS は Microsoft が開発したものとなります。シェア的には圧倒的に PDF が占めています。

Windows11 で XPS ファイルを開くことができますが、オプション化されて標準では無効になっています。白いファイルアイコンになっており開く事ができません。

その為、閲覧アプリを有効にする必要があります。

XPSファイルを開く方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアプリを選択し、オプション機能ボタンを押します。

「オプション機能を追加する」の隣りにある機能を表示ボタンを押します。

XPS ビューアーのチェックボックスをオン☑にして、次へボタンを押します。

確認画面が出るので、インストールボタンを押します。

するとインストールが始まります。数分で完了します。

インストール後は XPS ファイルのアイコンが変わり、XPS ファイルおよび OXPS ファイルを XPS ビューアーで開けるようになります。

XPSファイルを作る方法

Windows11 では標準で XPS ファイルを作る事ができます。

アプリやソフトウェアの印刷設定画面で、プリンターを以下のものに設定します。

Microsoft XPS Document Writer

すると紙で印刷されず、XPS または OXPS ファイルで出力されます。

スポンサーリンク

-ファイル・フォルダー

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.