Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でファイアウォールを有効・無効の状況確認する方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でファイアウォールを有効・無効にする方法、ファイアウォールの状況を確認する方法について解説します。

ファイアウォールとはあなたのパソコンを守る壁のようなもので、ネットワークの通信を監視して外からの怪しい通信を遮断してくれます。

また内部からの通信も遮断する事があります。例えばコンピューターウイルスやスパイウェアによって、勝手に情報を外部に発信したりする事を防ぎます。

あなたのパソコンのファイアウォールの状態を確認してみましょう。

ファイアウォールを有効・無効にする設定

設定から

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりネットワークとインターネットを選択し、下の方へスクロールして「ネットワークの詳細設定」ボタンを押します。

下の方へスクロールして Windows ファイアウォールボタンを押します。

ネットワークを選択します。

Microsoft Diffender ファイアウォールのスイッチをオフにします。

この状態はファイアウォールが無効になっており、危険な状態です。スイッチをオンにするとファイアウォールが有効になります。

コントロールパネルから

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

右上の表示方法を大きいアイコンにして、Windows Defender ファイアウォールを選択します。

右側の Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化を選択します。

パブリックネットワークとプライベートネットワークでそれぞれ設定があり「Windows Defender ファイアウォールを無効にする(推奨されません)」を選択し OK ボタンを押します。

これでファイアウォールが無効になります。

ファイアウォールの設定が赤くなり、無効で危険な状態です。「推奨設定を使用します」ボタンを押すと、ファイアウォールが有効になります。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.