Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でセキュリティで保護されたサインインを行う方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でセキュリティで保護されたサインインを行う方法を解説します。

セキュリティで保護されたサインインとは、パソコンを使う人が Windows11 にサインインする前に必ず「Ctrl + Alt + Delete」キーを押さなくてはならない設定です。ひと手間増えるので面倒ですが、セキュリティを高める事ができます。

■セキュリティで保護されたサインインについて
セキュリティのために、ユーザーがサインインするときにCtrl + Alt + Del キーを押すように設定する事ができます。これにより、認証 Windows サインイン画面が表示され、サインインを装ってパスワード情報を取得するプログラムからシステムを保護することが保証されます。

ようするに、パスワードを盗もうとするようなウイルスやマルウェアから守ってくれるという事です。

セキュリティで保護されたサインインの設定

スタートボタンを右クリックして、メニューの中から「ファイル名を指定して実行」を選択します。

名前の欄には次のように入力します。

netplwiz

ユーザーアカウントのウィンドウが開くので、詳細設定タブを開きます。

セキュリティで保護されたサインインの項目で「ユーザーが必ず Ctrl + Alt + Del キーを押す」のチェックボックスをオン☑にします。

OK ボタンまたは適用ボタンを押したら設定完了です。

すると次回サインイン時には Ctrl + Alt + Del キーを押さないとサインイン画面に移る事ができなくなります。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.