Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でコア分離のメモリ整合性(VBS)をオン・オフにする方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でコア分離のメモリ整合性をオン・オフにする方法を解説します。

Windows セキュリティに備わっている、あなたのパソコンの中枢部を保護する仮想化ベースのセキュリティ機能です。

コア分離とは、プログラムの実行をオペレーティングシステム(Windows)とデバイスから分離して、マルウェアなどの攻撃からの保護を強化します。

メモリ整合性は、マルウェアなどのあなたのパソコンへの悪意ある攻撃で高セキュリティプロセスへのアクセスを防ぐ効果があります。

メモリ整合性の設定を変更する方法

スタートボタンを押して、スタートメニューから設定を開きます。

左メニューよりプライバシーとセキュリティを選択し、Windows セキュリティボタンを押します。

「Windows セキュリティを開く」ボタンを押します。

左上の「≡」ボタンを押して、メニューの中から「デバイスセキュリティ」を選択します。

「コア分離の詳細」を選択します。

メモリ整合性のスイッチをオン、またはオフにします。

※オン・オフの切り替え時は設定を有効化するために再起動が必要です。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.