Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

デスクトップ  

Windows11でデスクトップアイコンのサイズを変更する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でデスクトップアイコンのサイズを変更する方法を解説します。

デスクトップアイコンとは、デスクトップに並ぶごみ箱やあなたが保存したファイルのアイコンのことです。

デスクトップアイコンが小さすぎて見にくい、または大きすぎるという場合はサイズを調整する事が可能です。

アイコンサイズは最大でここまで大きくできます。

デスクトップアイコンのサイズを変更する

右クリックで変更

デスクトップの何もない所で右クリックして、メニューの中から表示を選択、さらに表示されるメニューの中からサイズを3段階に変更できます。

  • 大アイコン
  • 中アイコン
  • 小アイコン

目安として、上図のようなサイズ感で変更できます。

ショートカットで変更

キーボードのショートカットキーでもデスクトップアイコンのサイズを変更できます。

  • Ctrl + Shift + 1:特大
  • Ctrl + Shift + 2;大
  • Ctrl + Shift + 3:中
  • Ctrl + Shift + 4;小

キーボードショートカットでは、4段階にサイズを変更できます。

キーボードとマウスで変更(微調整)

キーボードとマウスのあわせ技でデスクトップアイコンのサイズを変更する事もできます。

大と中の中間サイズはないのか?という方は、この方法をお試しください。更に細かくサイズを微調整できます。

Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回転

サイズをもとに戻す

デスクトップアイコンをデフォルトサイズに戻したい場合は、デスクトップの何もない所を右クリックして、メニューの中から表示を選択、その後「中アイコン」を選択してください。

関連記事

画面解像度を変更して、全体のサイズ感を変更するという方法もあります。

Windows11でディスプレイの画面解像度を変更する方法

Windows11 でディスプレイの画面解像度を変更する方法を解説します。 大抵の場合 Windows が最適な画面解像度を選定してくれます。画面に対して解像度が合ってないと、画面がぼやけてきれいに映 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-デスクトップ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.