Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows11でUSBメモリを初期化(フォーマット)する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で USB メモリを初期化(フォーマット)する方法を解説します。

フロッピーディスク時代は新しいものを使う場合、フォーマット処理が必要でした。しかし USB メモリの場合新しいものを使う場合もフォーマット処理は必要ありません。

しかし USB メモリの不具合で開けない、ファイルを一度に削除してまっさらにしたいという場合はフォーマット処理をして初期化しましょう。

USBメモリを初期化する方法

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

エクスプローラーが開いたら、左メニューより PC を選択します。

USB ドライブを右クリックして、メニューの中から「フォーマット」を選択します。

上図は8GBの USB メモリをフォーマットしようとしていますが、容量が7.22GBとなっています。これは普通のことで不具合ではありません。USB メモリのシステム管理に使われている容量です。

ファイルシステムは標準では FAT32 となっています。特にこだわりがなければそのままでも構いません。しかし FAT32 は 4GB 以上のファイルを保存する事ができません。

4GB 以上のファイルを保存するには FAT32 以外の NTFS または exFAT を選択する必要があります。しかし、それぞれ特長があるため選択には注意が必要です。

FAT32 大抵の OS で読み書きできるが 4GB 以上のファイルを保存できない。また2TB以上の USB メモリは非対応。
NTFS 4GB以上のファイルを保存できるが Windows XP 以降でしか使えない。
exFAT 4GB以上のファイルを保存でき Windows でも Mac でも使えるが、古い OS では使えない。

アロケーションユニットサイズはたくさんの引き出しがあるタンスをイメージするとわかりやすいです。

USB メモリがタンス全体で、1つの引き出しに入る最大容量がアロケーションユニットサイズです。

アロケーションユニットサイズが16KBの場合、たとえ1KBのデータを保存するにも16KBの容量が必要になります。1つの引き出しに1個のデータしか入らないためです。

アロケーションユニットサイズを大きくしすぎると無駄が増え、小さくすると読み出しに手間がかかります。なので中間の16KBが良いと思います。

ファイルオプションのクイックフォーマットにチェックを入れると、フォーマットが早く終わります。通常はクイックフォーマットで問題ありません。

ただ、USB メモリの不具合で初期化する場合はクイックフォーマットのチェックを外しましょう。ディスクの不良チェックが行われます。

「開始」ボタンを押すと、USB メモリのフォーマット処理が始まります。

フォーマット処理は USB メモリ内の全データが削除されて初期化されます。上図のように警告ウィンドウが表示され、OK ボタンを押すとフォーマット処理を続行します。

クイックフォーマットであれば、ほぼ待ち時間なくフォーマット処理が完了します。

スポンサーリンク

-ハードウェア

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.