Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

タスクバー  

Windows11でタスクバーを自動的に隠す方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でタスクバーを自動的に隠して非表示にする方法を解説します。

タスクバーを隠す設定にすると、その分画面が広く使えます。

タスクバーがない!なくなってしまった!とお悩みの方は、これから解説する内容の逆の設定にする事でタスクバーを復活させる事ができます。

動画で見る

タスクバーを自動的に隠す方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより個人用設定を選択し、タスクバーボタンを押します。

タスクバーの動作のメニューを展開します。

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックボックスをオン☑にします。設定は即時反映されます。

タスクバーを表示するには

マウスポインターを画面の一番最下部へ移動するとタスクバーが表示されます。必要な時だけタスクバーが出現します。

タスクバーが隠れない

タスクバーを自動的に隠す設定にしてもタスクバーが隠れない不具合が発生した場合は、以下の事をお試しください。

  • 再起動
  • エクスプローラーの再起動

再起動

パソコンを長期起動している事によって、一時ファイルなどのゴミが溜まり不具合が発生している場合があります。

再起動して改善されるかお試しください。

エクスプローラーを再起動

エクスプローラーとはタスクバーを含むフォルダーなどを管理するシステムの事です。エクスプローラーを再起動する事で改善するかもしれません。

以下のショートカットキーを入力してタスクマネージャーを起動します。

Ctrl + Shift + ESC

簡易表示になっている場合は「詳細」を選択します。

プロセスタブのプロセス一覧から「エクスプローラー」を探します。

エクスプローラーを選択して、画面右下の再起動ボタンを押します。

これでエクスプローラーが再起動されました。タスクバーが正常に隠れるか確認してみてください。

スポンサーリンク

-タスクバー

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.