Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でシステムのプロパティを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でシステムのプロパティを開く方法を解説します。

システムのプロパティではコンピューター名の確認、環境変数の設定、パフォーマンスの設定、システムの保護などを行う画面です。Windows11 ではシステムのプロパティが設定アプリに集約され、従来の方法では開けなくなっています。

設定アプリだけではできない事もあり、システムのプロパティでしかできない事があります。

システムのプロパティを開く方法

設定から開く

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択し、下の方へスクロールしてバージョン情報ボタンを押します。

関連リンクのシステムの詳細設定を開きます。

システムのプロパティが開きました。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択して、検索窓には「システムの詳細設定」と入力します。

検索結果からシステムのプロパティを開けます。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

sysdm.cpl

システムのプロパティが開きました。

システムのプロパティのショートカットを作る

デスクトップ

デスクトップの何もない所で右クリックし、メニューの中から「新しいアイテム」→「ショートカット」を選択します。

ショートカットの作成画面が開きます。

項目の場所には次のように入力して「次へ」ボタンを押します。

sysdm.cpl

ショートカットに名前を付けます。ここではわかりやすくシステムのプロパティと入力しました。

最後に完了ボタンを押します。

デスクトップにシステムのプロパティのショートカットが作成されました。

タスクバー

システムのプロパティを開いている状態で、アイコンを右クリックします。メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.