Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で高速スタートアップを有効・無効にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で高速スタートアップを有効または無効にする方法を解説します。

高速スタートアップとはパソコンのメモリや CPU を完全にはシャットダウンせず、ある程度状態を保持しておく事で次回起動時に Windows を速く起動する機能です。

しかし、新たなデバイスを導入する時には高速スタートアップが邪魔になる事があります。高速スタートアップが有効だとパソコンの状態を保持してシャットダウンを行いますが、新しいデバイスを導入するなどして次回起動時に状態が異なると不具合の原因になるのです。

更に最近は SSD が普及して、ハードディスクよりも Windows の起動が高速化し、高速スタートアップの恩恵は少なくなっています。

不具合を未然に防ぐためにも高速スタートアップは無効にしておくのも有効な手段になります。

高速スタートアップを有効・無効にする設定

※管理者権限が必要です。

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

表示方法を「大きいアイコン」にして、コントロールパネルから電源オプションを選択します。

左メニューより「電源ボタンの動作を選択する」を開きます。

ここに高速スタートアップの設定がありますが、グレーアウトしていて設定変更する事ができません。

設定の変更をするために「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択します。

そうすると、高速スタートアップの設定を変更できるようになります。

高速スタートアップのチェックボックスをオフにして変更の保存ボタンを押します。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.