Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

アプリ  

Windows11でスタートアップに追加・削除する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でスタートアップに登録、または削除する方法を解説します。

スタートアップとは Windows の起動と同時に立ち上がるアプリ群の事です。例えばセキュリティソフトなどは、毎回起動しなくても勝手に起動してくれます。

スタートアップで起動するアプリが多ければ多いほど Windows の起動も時間がかかります。不必要なスタートアップアプリは削除する事で、起動速度の改善に繋がります。

また、スタートアップアプリは自分で追加する事も可能です。

スタートアップに登録して自動起動する

スタートアップにアプリを登録すると Windows の起動時に自動で起動してくれます。

毎日絶対使うアプリはスタートアップに登録しておくと便利かもしれません。

スタートアップフォルダーを起動

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

shell:startup

スタートアップフォルダーが起動しました。

ここに Windows 起動時に自動で起動したいアプリのショートカットを入れるとスタートアップに登録できます。

ショートカットを入れるには以下のようにしてください。

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

スタートアップに登録したいアプリをマウスでドラッグして、スタートアップフォルダーへ移動します。

これでスタートアップフォルダーにショートカットが追加され、次回起動時にスタートアップとして起動します。

スタートアップを削除する

自分で登録したスタートアップ

自分で登録したスタートアップは、スタートアップフォルダーからショートカットを削除してください。

自分で登録していないスタートアップ

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアプリを選択し、スタートアップボタンを押します。

スタートアップの一覧が表示されます。スタートアップから削除したいアプリのスイッチをオフにします。

Windows の起動時間に大きな影響が出るものには「影響:大」と表示されます。

※スタートアップは少ないほうが Windows の起動は早いですが、何でも削除してしまうと動作に支障が出る場合があります。例えばセキュリティソフトをスタートアップから外すと保護されなくなります。

スポンサーリンク

-アプリ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.