Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ディスプレイ  

Windows11でスクリーンセーバーを設定、解除する方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でスクリーンセーバーを設定、または解除する方法を解説します。

スクリーンセーバーとは直訳するとスクリーンを救う人という意味になるように、パソコンの画面が壊れないようにするための機能です。

というのも、かつてのブラウン管ディスプレイを使っていた頃に、ディスプレイの焼付きを防ぐための機能でした。令和以降の時代では液晶ディスプレイが主流となっているので、焼付きは問題になりません。その為、覗き見を防止する機能として今も生きています。

ですが、覗き見防止ならロック画面にした方が良いかもしれません。

※液晶ディスプレイでも焼付きは起こりえますが、他の画面に切り替えたり電源を切ると解消されます。

スクリーンセーバーの設定方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより個人用設定を選択し、ロック画面ボタンを押します。

関連設定のスクリーンセーバーボタンを押します。

スクリーンセーバーの設定画面が開きました。

詳細設定

スクリーンセーバーの種類

スクリーンセーバーの種類は、ドロップダウンメニューの中から選択します。

  • 3D テキスト
  • バブル
  • ブランク
  • ラインアート
  • リボン
  • 写真

お好みのものを選択してください。

動作するまでの時間

スクリーンセーバーが動作するまでの時間を設定できます。1分~999分まで設定可能です。

上図の待ち時間の設定で、▲▼ボタンを押して設定するか、テキストボックスに直接数字を入力して設定します。

再開時にログオン画面に戻る

「再開時にログオン画面に戻る」のチェックボックスをオン☑にすると、パスワードを設定している場合スクリーンセーバーから復帰時にパスワードが求められます。第三者に操作される事を防ぐ事ができます。

プレビュー

プレビューボタンを押すと、スクリーンセーバーがどのように動作するのかテストできます。

マウスを動かすと復帰します。

3Dテキストの設定

スクリーンセーバーの種類を「3D テキスト」にした場合、設定ボタンを押すと追加のオプションを設定できます。

  • 表示するテキスト(任意/時刻)
  • テキストのフォント
  • テキストのサイズ
  • アニメーション(回転/シーソー/よろよろ/タンブル)
  • 表面のスタイル

スライドショーの設定

スクリーンセーバーの種類を「写真」にした場合、設定ボタンを押すとスライドショーの設定ができます。

参照ボタンを押して、スライドショーにしたい写真が入っているフォルダーを指定してください。

スライドショーの速度を遅く、中、速くの中から選びます。

「画像をランダム再生する」のチェックボックスをオン☑にすると、写真の順番を不規則に表示します。

スクリーンセーバーを解除する

スクリーンセーバーの種類を「なし」にして OK ボタンを押してください。

解除できない場合

スクリーンセーバーをなしにしてもスクリーンセーバーが動作する場合、外部アプリでスクリーンセーバーが動いているかもしれません。

スクリーンセーバーのアプリをインストールしていないか確認してみてください。

スポンサーリンク

-ディスプレイ
-

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.