Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows11でアプリを管理者として実行する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でアプリを管理者として実行する方法を解説します。

Windows11 には使う人のアカウント権限として管理者と標準ユーザーがあります。Windows の基幹に関わる設定を変更する場合は管理者、それ以外は標準ユーザーというように権限が分かれています。

しかし、管理者アカウントでも予期せずにシステムの基幹に関わる設定を変更しないように、通常の操作では標準ユーザーと同じふるまいをします。管理者として実行するには、明示的にある操作をしないといけません。

管理者として実行する方法

右クリックで開く

アプリのアイコンを右クリックして、メニューの中から「管理者として実行」を選択します。

ユーザーアカウント制御で「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認が出る事があります。「はい」ボタンを押してアプリを開きます。

検索で開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に管理者として開きたいアプリを検索します。

検索結果から右側の「管理者として実行」を選択します。

スタートメニューから開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

管理者として開きたいアプリを右クリックして、メニューの中から「詳細」→「管理者として実行」を選択します。

ショートカットで開く

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

管理者として開きたいアプリを Ctrl キーと Shift キーを押しながら選択して開きます。

常に管理者として実行する方法

特定のアプリを常に管理者として実行する方法があります。

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

アプリを右クリックして、メニューの中から「詳細」→「ファイルの場所を開く」を選択します。

アプリを右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

プロパティが開いたら、ショートカットタブを開いて詳細設定ボタンを押します。

管理者として実行のチェックボックスをオン☑にします。

OK ボタンを押したら設定完了です。今後は常に管理者として実行されます。

スポンサーリンク

-セキュリティ

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.