Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で通知の表示時間を長くする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で画面右下に表示される通知の表示時間を長くする方法を解説します。

Windows システムやメール、アプリなど新しい情報は上図のように通知が表示されます。この通知は通常の場合5秒で消えてしまいます。

違う作業をしていて5秒では通知を見逃してしまうかもしれません。

通知を見逃してしまった場合でも、タスクバーの右側にある時計を選択する事で直近の通知を確認する事ができます。

ここでは通知の表示時間を5秒よりも長くしてみましょう。

通知の表示時間を変更する

設定から変更

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアクセシビリティを選択し、視覚効果ボタンを押します。

「この時間が経過したら通知を破棄する」のメニューから通知の表示時間を以下の中から選択します。標準では5秒になっています。

  • 5秒
  • 7秒
  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 5分

設定は即時反映されます

基本的にこの6つの時間から選ぶこととなります。もっと細かく時間を設定したいという場合はレジストリを弄らなくてはいけないので、ここでは割愛します。

コントロールパネルから変更

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

コンピューターの簡単操作を選択します。

コンピューターの簡単操作センターを選択します。

下の方へスクロールして「コンピューターでの作業に集中しやすくします」を選択します。

「時間制限と明滅画像を調節します」の項目で、「Windows の通知ダイアログボックスの表示時間」のメニューから通知の表示時間を以下の中から選択します。

  • 5秒
  • 7秒
  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 5分

選択したら OK ボタンを押して設定完了です。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.