Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

文字入力  

Windows11でIMEの予測変換を無効にして候補を消す方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で予測変換を無効にする方法を解説します。

予測変換とは、文字の入力時にシステムが次に入力する文字を予測して表示してくれる機能です。上手く活用すれば、文字入力の効率が上がります。

しかし場合によっては予測変換を出したくないという事もあるでしょう。予測変換を無効にする事で、候補を非表示にできます。予測変換をオフにするには次のように設定してください。

予測変換を無効にする方法

Microsoft IMEの場合

IME の J マークの隣にある「A」または「あ」を右クリックして、メニューの中から設定を選択します。

IME の設定が開くので、全般を選択します。

下の方へスクロールして、予測入力のドロップダウンメニューで「オフ」を選択します。設定は即時反映されます。

これで予測入力は無効化され、変換候補は非表示になります。

※ドロップダウンメニューの〇文字は、変換候補が出るタイミングです。

google日本語入力の場合

Google 日本語入力のアイコン(青い丸)の隣りにある「A」または「あ」を右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

プロパティが開いたら画面上部のサジェストタブを開きます。

「入力履歴からのサジェスト自動表示を有効にする」と「システム辞書からのサジェスト自動表示を有効にする」のチェックボックスをオフにします。

OK ボタンを押したら設定完了です。

スポンサーリンク

-文字入力

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.