Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows11でタスクバーに秒表示をする【外部ツール使用】

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でタスクバーの時計に秒表示をする方法を解説します。Windows11 の標準機能ではできません。外部ツールを導入する事で実現します。

Windows11 ではタスクバーに秒表示はできません。Windows10 では有効だったレジストリを編集する方法も無効になってしまいました。

しかし、Explorer Patcher for Windows11 という外部ツールを使用する事で、タスクバーの時計で秒表示を実現する事が可能です。

仕組みとしては Windows11 のタスクバーのみを Windows10 に戻します。

外部ツールのダウンロードとインストール

海外の有志の方が作成された「Explorer Patcher for Windows 11」という外部ツールを使用します。下記のページからダウンロードしてください。

Explorer Patcher for Windows11 をダウンロード

Latest(最新)バージョンの ep_setup.exe を選択してダウンロードします。

ダウンロードしたら ep_setup.exe を起動してください。

※必要に応じてウイルスチェックをしてください。

マイクロソフトストアからダウンロードしたものではないので「Windows によって PC が保護されました」という警告が表示される場合があります。

不正な場所から入手したコンピューターウイルス入りのファイルを実行しないようにするための保護機能です。安全である事がわかっている場合は、詳細情報を選択します。

実行ボタンが表示されるので、実行ボタンを押します。

インストールは特に画面が出る事もなく、画面が暗転(または真っ白)になりますが故障ではありません。1分程度待てばインストールが終了します。

インストール後、タスクバーのみが Windows10 に戻ります。

タスクバーに秒表示をする設定

タスクバーを右クリックしてメニューの中から「プロパティ」を選択します。

左メニューより System tray を選択し、「Show seconds in the clock」を選択してチェックマーク✔を付けます。

これでタスクバーの時計に秒が表示されます。

アンインストール方法

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアプリを選択し、アプリと機能ボタンを押します。

Explorer Patcher の右側にある「…」ボタンを押して、メニューの中からアンインストールを選択します。

画面が暗転(または真っ白)しますが、1分程度でアンインストールが完了します。

スポンサーリンク

-カスタマイズ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.