Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でコントロールパネルの開き方とショートカットを作る方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 でコントロールパネルを開く方法を解説します。

Windows11 にもコントロールパネルはあります。しかし開くのはちょっと面倒です。

Windows11 ではほとんどの設定が専用の設定アプリに集約されていますが、どうしてもコントロールパネルを開きたいという事もあるでしょう。

コントロールパネルの開き方を解説するのと同時に、簡単に開けるようにショートカットも作ってみます。

コントロールパネルを開く方法

エクスプローラーから開く

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

エクスプローラーのアドレスバーの左にある上矢印「↑」ボタンを押します。

こちらにコントロールパネルのアイコンがあり、ここからコントロールパネルを開くことができます。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

すると検索結果の中にコントロールパネルが表示され、ここから開くことができます。

コントロールパネルのショートカットを作る

毎回このようにコントロールパネルを開くのは面倒なので、ショートカットを作ってみましょう。

デスクトップ

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより個人用設定を選択し、テーマを開きます。

下の方へスクロールし、関連設定のデスクトップアイコンの設定を開きます。

デスクトップアイコンのコントロールパネルのチェックボックスをオン☑にして OK ボタンを押します。

すると、デスクトップにコントロールパネルのショートカットが作成されます。

スタートメニュー

まずはタスクバーのフォルダアイコンからエクスプローラーを開きます。

エクスプローラーのアドレスバーの左にある上矢印「↑」ボタンを押します。

コントロールパネルを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

するとスタートメニューにコントロールパネルが表示されます。

タスクバー

これまでに紹介した方法でコントロールパネルを開いてください。

タスクバーのコントロールパネルのアイコンを右クリックし、メニューの中から「タスクバーにピン留めする」を選択します。

するとコントロールパネルを閉じてもタスクバーから消えずにずっと残ります。これなら1クリックですぐにコントロールパネルを開く事ができます。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.