Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で環境変数の追加と編集の設定はどこ?

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で環境変数を追加したり編集する方法を解説します。

環境変数とは Windows11 の設定を変数に格納しておくためのものです。パソコンの端末によって異なる設定を変数に入れておく事で、環境を問わないアプリやプログラムを作る事が可能になります。

またアプリを起動する時に、ファイル名だけで起動できるというのも環境変数の恩恵です。例えばメモ帳であれば「notepad」、電卓であれば「calc」だけで起動できます。

ファイル名を指定して実行で「calc」などファイル名だけで起動する事ができます。

環境変数の設定を開く

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択し、下へスクロールして「バージョン情報」ボタンを押します。

関連設定のシステムの詳細設定を開きます。

詳細設定タブの環境変数ボタンを押します。

環境変数ウィンドウが開き、ここから環境変数の追加、編集ができます。

新しい環境変数の追加

新しい環境変数を追加するには、新規ボタンを押します。

変数名と変数値を入力し、OK ボタンを押します。

既存の環境変数を編集する

既存の環境変数を編集するには、編集したい環境変数を選択して編集ボタンを押します。

編集したい値を選択して編集ボタンを押すか、新規に追加したい場合は新規ボタンを押します。

いわゆる Path を通すと呼ばれる作業は、環境変数の Path に追加する事です。

システム環境変数とユーザー環境変数の違い

システム環境変数は、パソコン全体に及ぶ変数です。ユーザー環境変数はユーザーごとに用意された環境変数となります。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.