Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

プリンター  

Windows11で新しい用紙サイズを追加してプリンターで使用する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で印刷に使う新しい用紙サイズを追加する方法を解説します。

用紙サイズには「A4・A3・B4・B5」など規格サイズがありますが、独自の用紙サイズで印刷を行う事もできます。

独自の用紙サイズで印刷を行うには、ユーザー定義用紙サイズの設定で新しい用紙サイズを設定する必要があります。

新規用紙サイズを追加する方法

プリントサーバープロパティで設定

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより Bluetooth とデバイスを選択し、プリンターとスキャナーボタンを押します。

関連設定のプリントサーバープロパティボタンを押します。

「新しい用紙を作成する」のチェックボックスをオン☑にします。

用紙サイズの幅と高さを入力してください。用紙名にはわかりやすい名前を付けておくとわかりやすいです。

OK ボタンを押したら設定完了です。

プリンターで設定

プリンターによってはプリントサーバープロパティで新しい用紙を追加しても、用紙の選択画面に出てこない場合があります。

その場合はプリンタードライバの設定で新しい用紙を追加してください。

※Epson のプリンターを例に解説します。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより Bluetooth とデバイスを選択し、プリンターとスキャナーボタンを押します。

一覧の中から使用しているプリンターを選択します。

プリンターの設定で印刷設定ボタンを押します。

用紙サイズのドロップダウンメニューから「ユーザー定義サイズ」を選択します。

用紙サイズ名にはわかりやすい名前を付けてください。

新しい用紙の幅と高さを入力し OK ボタンを押します。

新しい用紙サイズが追加されたので OK ボタンを押します。

すると印刷時の用紙選択メニューで、新しく追加した用紙が選べるようになります。

スポンサーリンク

-プリンター

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.