Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11でBluetoothのバージョンを確認する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で搭載されている Bluetooth のバージョンを調べる方法を解説します。

Bluetooth はパソコンの他、スマートフォン、イヤホン、マウス、キーボードなど様々な機器に対応した無線接続の規格です。

Bluetooth には3,4,5というようにバージョンがあり、通信速度・通信範囲・消費電力が異なります。バージョンが上がるにつれてそれぞれ改善しています。

バージョン4が登場したのが2009年で、2021年現在販売されている製品のほとんどがバージョン4以降となっています。バージョン5が登場したのは2016年で、対応製品も増えてきています。

Bluetoothのバージョンを調べる方法

Bluetooth のバージョンを調べるにはデバイスマネージャーから行います。

スタートボタンを右クリックして、メニューの中からデバイスマネージャーを選択します。

Bluetooth デバイスを右クリックして、プロパティを選択します。

※Bluetooth デバイスは端末によって名称が異なります。

詳細設定タブを開き、ファームウェアバージョンの LMP に続く数字を確認します。最初の数字によってバージョンが異なります。

  • 最初の数字 0 … Bluetooth 1.0b
  • 最初の数字 1 … Bluetooth 1.1
  • 最初の数字 2 … Bluetooth 1.2
  • 最初の数字 3 … Bluetooth 2.0
  • 最初の数字 4 … Bluetooth 2.1
  • 最初の数字 5 … Bluetooth 3.0
  • 最初の数字 6 … Bluetooth 4.0
  • 最初の数字 7 … Bluetooth 4.1
  • 最初の数字 8 … Bluetooth 4.2
  • 最初の数字 9 … Bluetooth 5.0
  • 最初の数字 10… Bluetooth 5.1
  • 最初の数字 11… Bluetooth 5.2

上図では LMP11 だったので Bluetooth のバージョンは5.2という事がわかります。

Bluetoothバージョンの違い

  • バージョン4.0:前のバージョンより省電力化
  • バージョン4.1:データ転送効率化、自動再接続機能などが追加
  • バージョン4.2:通信速度が更に2.5倍高速化
  • バージョン5.0:通信速度は4.0の2倍、通信範囲も4倍に拡大
  • バージョン5.1:ペアリングしている機器の方向を探知可能に
  • バージョン5.2:LE Audio規格に対応(2020年)

バージョンが上がるほど高性能になっています。

互換性はある?

バージョン4.0以降であれば互換性はあります。ただし、バージョン4.0のパソコンでバージョン5.0の機器を使っても5.0の新機能の恩恵は受けられません。

例えばバージョン5.2の恩恵を受けるには、両方がバージョン5.2に対応している必要があります。

バージョンによって音質は異なる?

バージョン5.1以前であれば、バージョンによって音質の違いはほとんどありません。

しかし、バージョン5.2で新しく LE Audio という規格に対応しました。LE Audio は少ないデータ量で高音質を実現しており、ハイレゾ音源にも対応しています。

少ないデータ量で済むという事は消費電力も下がり、バッテリーの保ちが良くなります。

デバイスマネージャーにBluetoothがない

そもそも Bluetooth に対応していなければ、デバイスマネージャーに Bluetooth はありません。デスクトップパソコンの場合、多くの場合は対応していないでしょう。

デスクトップパソコンで Bluetooth を使えるようにするには受信機が必要です。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.