Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows11でBluetoothデバイスをペアリングする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で Bluetooth デバイスをペアリングする方法を解説します。ペアリングとはデバイスとあなたのパソコンをペアとして設定して使えるようにする事です。

キーボード、マウス、イヤホン、スマートフォンなど Bluetooth に対応するデバイスが増えてきた事で、聞き馴染みがあるようになったのではないでしょうか。

あなたが購入した Bluetooth デバイスとあなたのパソコンをペアリングして使えるようにしてみましょう。

※Bluetooth 対応ノートパソコンである必要があります。
※デスクトップの場合は Bluetooth アダプターが必要になります。

デバイスをペアリングする

Bluetooth 対応デバイスは色々ありますが、ここでは Bluetooth イヤホンを例として解説します。

スタートボタンを押して、スタートメニューから設定を開きます。

左メニューより Bluetooth とデバイスを選択します。

まず Bluetooth がオンである事を確認してください。オフになっていると使えません。

デバイスの追加ボタンを押します。

「デバイスを追加する」ウィンドウが開いたら、Bluetooth を選択します。

Bluetooth デバイスを探し始めます。この時 Bluetooth デバイスの電源をオンにして、ペアリングモードにしてください。

※ペアリングモードにする方法は使用する機器によって異なります。取扱説明書を御覧ください。

接続可能な Bluetooth デバイスが表示されますので、ペアリングするデバイスを選択します。

機器によっては最初は不明なデバイスと表示される場合があります。

ペアリングが完了し、Bluetooth デバイスが使用可能になりました。完了ボタンを押してください。

ペアリングできない

既に他の端末で Bluetooth 接続している場合、そちらが優先されてペアリングする事ができません。

別の端末でペアリングするには、一旦最初の端末の Bluetooth をオフにしてからペアリングする必要があります。

Bluetoothデバイスを削除する

使用しなくなった Bluetooth デバイスの設定を削除しましょう。

スタートボタンを押して、スタートメニューから設定を開きます。

左メニューより Bluetooth とデバイスを選択します。

少し下へスクロールして、削除したいデバイスの「︙」ボタンを押します。

メニューの中からデバイスの削除を選択します。

「このデバイスを削除しますか?」という確認画面が出るので「はい」を選択します。

スポンサーリンク

-ハードウェア

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.