Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で電源オプションを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で電源オプションを開く方法とショートカットを作成する方法を解説します。

電源オプションでは電源に関わる詳細な設定を行える画面です。バッテリー駆動時と電源接続時でパソコンのパフォーマンスを変更したり、スリープやディスプレイの電源を切る設定などを行います。

ノートパソコンではバッテリーに限りがあるので、節約するための電源プランの設定もできます。

電源オプションを開く方法

コントロールパネルから開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

画面右上の表示方法を大きいアイコンにして、コントロールパネルの一覧から電源オプションを開きます。

電源オプションが開きました。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

control.exe /name Microsoft.PowerOptions

電源オプションが開きました。

電源オプションのショートカットを作成

デスクトップ

デスクトップの何もない所で右クリックして、メニューの中から「ショートカット」を選択します。

項目の場所には次のように入力します。

control.exe /name Microsoft.PowerOptions

次へボタンを押します。

ここではショートカットに名前を付けます。わかりやすく「電源オプション」と入力しました。

完了ボタンを押します。

電源オプションのショートカットがデスクトップに作成されましたが、アイコンがコントロールパネルなのでわかりにくいですね。

アイコンを変更してみましょう。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「プロパティ」を選択します。

プロパティが開いたら、アイコンの変更ボタンを押します。

アイコンは一つしかありませんが、赤線部のパスを以下のように書き換えて Enter キーを押します。

%WinDir%\System32\powercpl.dll

すると、電源オプションのアイコンが表示されました。アイコンを選択して OK ボタンを押しましょう。

これでわかりやすいショートカットになりました。

スタートメニュー

前述の方法でデスクトップに電源オプションのショートカットを作成してください。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューに電源オプションがピン留めされました。

電源プランの作成

新たに電源プランを作成して、細かくカスタマイズする事ができます。

電源オプションを開いて、左メニューより「電源プランの作成」を選択します。

既にある電源プランを基に新プランを作成します。プラン名を入力して「次へ」ボタンを押します。

バッテリ駆動時、電源に接続時のディスプレイの電源を切るまでの時間と、スリープにするまでの時間を選択して作成ボタンを押します。

新しい電源プランが作成されましたが、更に詳しく設定するために「プラン設定の変更」を選択します。

更に「詳細な電源設定の変更」を選択します。

ここでは以下のような更に詳しい設定が可能です。

  • ハードディスクの電源を切る
  • PCI Express の省電力設定
  • CPU の電源管理
  • バッテリー切れ時の通知・動作

OK ボタンを押したら設定完了です。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.