Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows11でメディアの自動再生を有効・無効にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でメディアやデバイスの自動再生を有効にしたり、無効にする方法を解説します。

自動再生とは、音楽 CD をドライブに挿入したら自動で再生したり、USB メモリを挿したら自動でフォルダーを開くというような機能です。

わざわざ手動で開かなくてもよいので便利な機能ですが、実は危険も潜んでいます。自動再生の機能を悪用して USB メモリ経由からのコンピューターウイルスの感染が相次いでいます。

自分自身や信頼できる相手の USB メモリなら良いですが、そうではない場合悪意あるファイルが潜んでいる場合があります。

そうした場合に自動再生を無効にしておけば、ウイルスの感染を防ぐ事ができます。

自動再生を有効・無効にする方法

設定から変更

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより Bluetooth とデバイスを選択し、自動再生ボタンを押します。

「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のスイッチをオフにします。

これで CD/DVD/SDカード/USB メモリなど全てのメディアで自動再生が無効になります。

自動再生の既定の選択で、リムーバブルメディアとメモリーカードのみ自動再生の設定を変更する事ができます。

リムーバブルメディアの場合、以下の4つから選べます。(USBメモリなど)

  • ストレージ設定の構成(設定)
  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示
  • 毎回動作を確認する

ストレージ設定の構成とは、ストレージの設定画面を表示します。

メモリカードの場合は以下の中から選べます。

  • 写真とビデオのインポート(フォト)
  • 写真と動画のインポート(OneDrive)
  • 再生(Windows Media Player)
  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示
  • 毎回動作を確認する

「何もしない」は自動再生をしないということになります。

コントロールパネルから変更

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

表示方法を「大きいアイコン」にして、コントロールパネルから自動再生を選択します。

「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックボックスをオフにします。

保存ボタンを押すと自動再生が無効化されます。

自動再生を有効にしたままで、以下のメディアごとに自動再生の設定を変更する事も可能です。

  • リムーバブルドライブ
  • メモリカード
  • DVD
  • ブルーレイ
  • CD
  • ソフトウェア
  • その他デバイス

各メディアのメニューから、自動再生の挙動を選択してください。

  • ストレージ設定の構成(設定)
  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示
  • 毎回動作を確認する

「何もしない」が自動再生を無効にする事になります。

リムーバブルドライブの場合、中にはいっているデータによって自動再生の挙動を変更する事ができます。

  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ミュージック
  • 混在したコンテンツ

画像しか入っていない場合はピクチャ、動画しか入っていない場合はビデオ、音楽しか入っていない場合はミュージック、色々入っている場合は混在したコンテンツです。

スポンサーリンク

-マルチメディア

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.