Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows11でマウス接続時にタッチパッドを無効化する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 のノートパソコンで、マウス接続時にタッチパッドを無効化する方法を解説します。

マウスで操作しているのにタッチパッドが有効だと、ちょっと指が触れただけでマウスポインターが動いてしまうので邪魔になります。

マウスが接続されている時だけタッチパッドを無効化してみましょう。

マウス接続時にタッチパッドを無効にする

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューより Bluetooth & Devices を選択し、タッチパッドボタンを押します。

ここにタッチパッドのスイッチがありますが、ここでオフにしてしまうと常時タッチパッドがオフになってしまいます。

なので、スイッチ以外の部分でタッチパッドボタンを押します。

ここで「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックボックスをオフにします。

そうするとマウスの接続時だけタッチパッドが無効になります。

※タッチパッドがないノートパソコンにはこの設定はありません。

スポンサーリンク

-ハードウェア

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.