Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

文字入力  

Windows11でファンクションキーの機能を入れ替える設定

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でファンクションキーの機能を入れ替える方法を解説します。

キーボードの上部にある F が付いた F1~F12 のキーがファンクションキーです。それぞれ機能が割り当てられており、知っていると便利なキーです。

  • F5…再読み込み
  • F6…入力文字をひらがなにする
  • F7…入力文字を全角カタカナにする
  • F8…入力文字を半角カタカナにする
  • F9…入力文字を全角英数にする
  • F10…入力文字を半角英数にする
  • F11…全画面化

よく使うファンクションキーの抜粋ですが、このように機能が割り当てられています。

カスタマイズでこのファンクションキーの機能を入れ替える事が可能です。

ファンクションキーの機能を入れ替える

設定方法はご利用の日本語入力システムによって異なります。

Microsoft IMEの場合

新バージョンの Microsoft IME では設定できないので旧バージョンを使用します。

「A」または「あ」を右クリックして、メニューの中から「設定」を開きます。

IME の設定が開くので、全般を選択します。

一番下へスクロールして、互換性の項目にある「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」のスイッチをオンにします。

IME バージョンの変更の確認画面が表示されます。OK ボタンを押してください。

タスクバーの右下にある「A」または「あ」を右クリックして、メニューの中から「プロパティ」を選択します。

詳細設定ボタンを押します。

キー設定の変更ボタンを押します。

  • 入力/変換済み文字なし
  • 入力文字のみ
  • 変換済み
  • 候補一覧表示中
  • 文節長変更中
  • 変換済み文節内入力文字

それぞれに細かく機能を割り振ることができます。文字入力時のみなら「入力文字のみ」を変更するだけでも良いでしょう。

ここでは例として F7 と F8 を入れ替えてみます。

F7 の「入力文字のみ」をダブルクリックします。

機能選択画面が表示されるので F8 の半角を選択して OK ボタンを押します。

F8 でも同様の設定を行います。

機能選択画面が表示されるので F7 のカタカナを選択して OK ボタンを押します。

OK ボタンを押して画面を閉じます。

これで F7 と F8 の機能が入れ替わりました。

Google 日本語入力の場合

Google 日本語入力のアイコン(青い丸)の隣りにある「A」または「あ」を右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

キー設定の項目にある編集ボタンを押します。

  • 変換前入力中
  • 変換中

この変換前入力中、変換中でそれぞれに機能を割り振る事ができます。

ここでは例として F7 と F8 の機能を入れ替えてみます。

入力キーに対応したコマンドをダブルクリックするとメニューが表示されます。その中から機能を選択します。

F7 と F8 を入れ替えたので OK ボタンを押します。

OK ボタンを押して画面を閉じます。ここで設定が反映されます。

スポンサーリンク

-文字入力

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.