Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で内蔵マイクを無効・有効にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で内蔵マイクを無効または有効にする方法を解説します。

デスクトップパソコンに内蔵マイクがある事は稀なので、主にノートパソコンやタブレット端末が対象となります。

内蔵マイクを無効にしたい、またはマイクが動作しないので内蔵マイクが有効なのか確認したい場合は以下の設定を行ってください。

内蔵マイクを無効・有効にする方法

設定から行う

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択し、サウンドボタンを押します。

詳細設定のすべてのサウンドデバイスを選択します。

入力デバイスのマイクを選択します。

全般のオーディオ部分をご覧ください。

  • マイクが有効の時:許可しないボタン
  • マイクが無効の時:許可するボタン

このようになっています。

内蔵マイクを無効にしたい時は許可しないボタンを押します。有効にしたい時は許可するボタンを押してください。

コントロールパネルから行う

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

右上の表示方法を大きいアイコンにして、一覧の中からサウンドを選択します。

サウンド設定を開いたら録音タブを開きます。

マイクを右クリックして、メニューの中から「無効化」を選択します。

内蔵マイクを有効にしたい時は、無効のマイクを右クリックしてメニューの中から「有効」を選択してください。

マイクが正常に動作するかテストする

内蔵マイクが正常に動作しているかテストしてみましょう。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択し、サウンドボタンを押します。

詳細設定のすべてのサウンドデバイスを選択します。

入力デバイスのマイクを選択します。

マイクのテストの「テストの開始」ボタンを押します。

適当に喋ってみた後、「テストの停止」ボタンを押します。

マイクで音声が認識されていれば結果の数値が1%以上になっています。逆に全く音声が認識されていなければ0%になります。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.