Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows11でCPU使用率を視覚的にわかりやすくする「RunCat」

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で CPU 使用率を猫などの動物で視覚的にわかりやすくするツール「RunCat for Windows」を紹介します。

このツールはタスクバーに常駐し、猫が走るアニメーションで CPU 使用率を知らせてくれます。

猫がゆっくり走っていれば低使用率、速く走っていれば高使用率という事になります。

RunCatをダウンロードと起動

GitHub にアクセスして RunCat をダウンロードします。

GitHub

Windows11 の場合は「RunCat-x64.zip」をダウンロードします。(x64 は 64bit を意味し、Windows11には64bit版しか存在しないため)

※RunCat の動作には .Net Runtime が必要になります。ない場合は「RunCat-with-dotnet6-x64.zip」をダウンロードすることで別途インストールする必要がありません。

解凍した zip ファイルの中にある「RunCat.exe」を開きます。

RunCat はインストール不要で動作します。

このようなエラーが出た場合、お使いのパソコンに .NET Runtime がないということです。「はい」ボタンを押すと、ダウンロードサイトへアクセスします。

マイクロソフトストアからダウンロードしたものではないので、「Windows によって PC が保護されました」という警告が表示される場合があります。

その場合は詳細情報を選択してください。

実行ボタンが表示されますので、実行ボタンを押すと RunCat が起動します。

RunCat を起動すると、タスクバーの通知領域に猫のアニメーションが追加されて CPU 使用率を知らせてくれます。

猫を他の動物に変える

標準では猫のアニメーションですが、他の動物に変える事もできます。

  • Cat(猫:標準)
  • Parrot(オウム)
  • Horse(馬)

RunCat のアイコンを右クリックして、メニューの中から Runner メニューに表示される動物を選択します。

Parrot にするとインターネットでしばしば見られる回る Party Parrot になります。

Horse にすると馬が走るアニメーションになります。

アイコンが見にくいので色を変える

Windows11 ではタスクバーは白が多いと思いますが、暗めの色を使う事も可能です。なのでアイコンが黒では見にくくなってしまう場合があります。

RunCat のアイコンを右クリックして、メニューの中から「Theme」→「Dark」を選択します。

RunCat のアイコンが白くなって見やすくなりました。

スポンサーリンク

-カスタマイズ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.