Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

タスクバー  

Windows11ですべてのディスプレイにタスクバーを表示する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 ですべてのディスプレイにタスクバーを表示する方法を解説します。

マルチディスプレイで複数のモニターを接続している場合、設定によってはサブモニターにはタスクバーが表示されない場合があります。

タスクバーがない分画面が広く使えますが、タスクバーがないと不便という場合もあるでしょう。

設定ですべてのディスプレイにタスクバーを表示する事ができます。

すべてのディスプレイにタスクバーを表示する

スタートボタンを押して、スタートメニューから設定を開きます。

左メニューより個人用設定を選択し、タスクバーボタンを押します。

タスクバーの動作のメニューを展開します。

「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」のチェックボックスをオン☑にします。

設定は即時反映され、すべてのディスプレイにタスクバーが表示されるようになります。

カスタマイズ

サブモニターのタスクバーは若干のカスタマイズが可能です。

「複数のディスプレイを使用する場合にタスクバーアプリを表示する場所」のメニューから選択します。

  • すべてのタスクバー
  • メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバー
  • 開かれているウィンドウのタスクバー

「すべてのタスクバー」を選択した場合、メインモニターとサブモニターで同じタスクバーが表示されます。

「メインタスクバーと、開かれているウィンドウのタスクバー」を選択した場合、サブモニターで表示しているアプリのみアイコンが表示されます。開いているアプリはメインモニターのタスクバーにも表示されます。

「開かれているウィンドウのタスクバー」を選択した場合、サブモニターで表示しているアプリのみアイコンが表示されます。開いているアプリはメインモニターには表示されません。

スポンサーリンク

-タスクバー

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.