Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows11で画像フォーマットAVIFを開く方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows11 で新世代画像フォーマット AVIF を開く方法を解説します。

AVIF は2019年頃に登場したフォーマットで jpg、WebP よりも圧縮率が高く、ファイルサイズを削減できる特徴があります。

Windows11 では標準で対応していません。上図のように白いアイコンのファイルで開く事ができません。

しかし、マイクロソフト製の拡張機能「AV1 Video Extension」をインストールする事で Windows11 でも開く事が可能になります。

AV1 Video Extensionのインストール

タスクバーの紙袋アイコンを選択してマイクロソフトストアを開きます。ない場合はスタートメニューから開きます。

検索窓で「AV1」を入力し、候補の中から「AV1 Video Extension」を選択します。

インストールボタンを押すと、ダウンロードとインストールが始まります。

インストールが完了すると、AVIF ファイルを普通に開くだけで画像を見る事ができます。

AVIFの特長

画像フォーマット AVIF には以下のような特長があります。

  • 非常に高い圧縮率でありがなら画質は維持
  • 透過対応
  • アニメーション対応
  • HDRカラー対応

jpg よりもファイルサイズを抑えて画質も維持することができ、透過やアニメーションにも対応して png や gif の特長も兼ね揃えています。

ブラウザ対応状況

そんなに優れた画像フォーマットであれば、ウェブ上の画像がすべて AVIF に置き換わりそうなものです。

しかしまだまだ発展途上のため、AVIF に対応したブラウザが少ないのが現状です。

  • Google Chrome 85 以上
  • Firefox93 以上
  • Opera 71 以上
  • Safari 16.1 以上
※2022年9月現在の対応状況です。

Edge や IE は対応していませんので、すべて AVIF に置き換えるわけにもいかず、AVIF を使うなら jpg、WebP、AVIF を併用して使う事になります。

※macOS13 で Safari も AVIF に対応予定。

AVIFファイルの作り方

AVIF で保存できるソフトやアプリはまだまだ少ないです。Paint.net は対応しており、Photoshop ではプラグインを導入する事で対応可能です。

今ある jpg を AVIF に変換する場合、ウェブアプリの「Squooth」で可能です。

画面に jpg ファイルをドラッグアンドドロップします。

標準では jpg なのでドロップダウンメニューから出力ファイル形式を選択します。

AVIF を選択します。

Quality のツマミを左へ移動するとより圧縮し、右へ移動すると圧縮率が低く画質が良くなります。

右下のダウンロードボタンを押すことで、AVIF で画像を出力します。

ファイルサイズの変化

ほぼ画質が変わらず、ファイルサイズだけが削減されました。

100KB(jpg)→34.7KB(AVIF)

66%のファイルサイズ削減です。

スポンサーリンク

-マルチメディア

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.