Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows11でスクリーンショットを撮影する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でスクリーンショットを撮る方法を解説します。

スクリーンショットとは画面に映っているものをそのまま画像として保存する事です。Windows11 には用途に応じていくつかのスクリーンショット撮影方法があります。

スクリーンショットを撮る方法

画面全体を撮影

画面全体をスクリーンショット撮るには、キーボードの以下のキーを押します。

PrintScreen キーを押す。

PrintScreen キーを押すと、画面全体がクリップボードにコピーされます。画像編集ソフトなどに貼り付けて、画像として保存します。

※キーボードによっては PrtScn キーだったり、Fn キーを一緒に押す必要がある場合があります。

特定のウィンドウだけを撮影

アクティブな特定のウィンドウだけをスクリーンショットで撮影する事ができます。キーボードの以下のキーを押してください。

Alt + PrintScreen

Alt + PrintScreen キーを押すと、特定のウィンドウのみクリップボードにコピーされます。画像編集ソフトなどに貼り付けて、画像として保存します。

マウスでドラッグした部分を撮影

マウスでドラッグした部分のみをスクリーンショットで撮影するには、キーボードの以下のキーを押します。

Shift + Win キー + S

すると、画面上部に上図のようにメニューが表示され、画面が暗くなります。

その状態でマウスをドラッグすると、選択範囲が明るくなります。この範囲がスクリーンショットとしてクリップボードにコピーされます。

ちなみにこの方法ではその他の機能もあります。

  1. ドラッグした部分をスクリーンショット
  2. フリーハンド指定でスクリーンショット
  3. 特定ウィンドウをスクリーンショット
  4. 全画面スクリーンショット

スクリーンショットで画像として保存する

これまでの方法はスクリーンショットがクリップボードにコピーされるだけで、画像として保存するにはペイントなどの画像処理ソフトにコピーして画像として書き出す必要がありました。

そういう手間を省いて即座に画像として保存する方法があります。キーボードで以下のショートカットキーを押します。

Win キー + PrintScreen

一瞬画面が暗転し、下記のフォルダーにスクリーンショットが画像として保存されます。ただ、全画面スクリーンショットにしか対応していません。

C:¥Users¥ユーザー名¥Pictures¥Screenshots

スクリーンショットの遅延撮影

スクリーンショットの遅延撮影とは、数秒後の画面をスクリーンショットとして保存する機能です。デジタルカメラのセルフタイマーのようなものです。

この機能を使うとロック画面やサインイン画面など、PrintScreen キーが効かない画面でもスクリーンショットを撮影する事が可能になります。

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。

すべてのアプリ一覧から「S」の項目にある Snipping Tool を開きます。

モードは四角形モードにしておくのが使いやすいです。

待ち時間のドロップダウンメニューから、遅延させる秒数を指定します。

新規ボタンを押して、スクリーンショットを撮影したい画面へ移動します。

すると、通常はスクリーンショットができないロック画面も撮影する事ができます。赤枠部の名前を付けて保存ボタンを押して、画像として出力できます。

タブレットでスクリーンショットを撮る

物理キーボードがないタブレットでは PrintScreen キーがありません。タブレットでスクリーンショットを撮るには、以下の操作を行います。

電源ボタン + ボリュームプラスボタン

画面の側面にある物理ボタンを押してスクリーンショットを撮ります。機種によってはボリュームマイナスボタンの場合もあります。

ほんの少し電源ボタンを先に押すとスクリーンショットを撮りやすいです。

スクリーンショットの保存先は以下の場所です。

C:¥Users¥ユーザー名¥Pictures¥Screenshots

スポンサーリンク

-マルチメディア

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.