Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows11で信頼性モニターを表示する方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で信頼性モニターを表示する方法とショートカットを作成する方法を解説します。

信頼性モニターとは Windows の安定性を図示するツールで、パソコンの調子が悪くなった時期と原因を確認する事ができます。

パソコンの安定性を1~10の10段階で評価します。

信頼性モニターを表示する方法

コントロールパネルから開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

右上の表示方法を大きいアイコンにして、コントロールパネルから「セキュリティとメンテナンス」を選択します。

メンテナンスのメニューを展開し、「信頼性履歴の表示」を選択します。

信頼性モニターが表示されました。

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「信頼性」と入力します。

候補の中から「信頼性の履歴の表示」を選択します。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

perfmon /rel

信頼性モニターが表示されました。

ショートカットの作成

デスクトップの何もない所で右クリックして、メニューの中から「ショートカット」を選択します。

項目の場所には以下のように入力します。

perfmon /rel

次へボタンを押します。

ショートカットにわかりやすい名前を付けます。ここでは「信頼性モニター」と入力しました。

完了ボタンを押します。

デスクトップに信頼性モニターのショートカットが作成されました。

信頼性モニターの見方

信頼性モニターはシステムの安定性を1~10の数値で評価します。上図は10に近い安定性ですが、エラーが発生する事で安定性が落ちている事が確認できます。

エラーが発生すると安定性は落ちますが、しばらくエラーが発生しないと安定性が回復しているのがわかります。

画面下部ではどんなエラーが発生したのか確認できます。

あまりにエラーが頻発している場合は、エラー一覧から「技術的な詳細の表示」を開いて内容を確認してみましょう。何が原因でエラーが発生しているのか突き止められるかもしれません。

表示方法を「週別」にする事で、さらに長期間のグラフを確認できます。

スポンサーリンク

-システム

Copyright© Win11ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.