Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

トラブル  

Windows11でバックスペースが効かない時の対処法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でバックスペースキーが効かない時の対処法について解説します。

バックスペース(BackSpace)は入力した文字を後ろから削除していくキーですが、バックスペースを押し続けても文字が1文字しか消えないという事があります。

連続して文字を消すには、その分だけバックスペースキーを押す必要があるので面倒な事になります。

これは不具合ではありません。Windows11 のユーザービリティ機能が有効になってしまっている為に起こっています。

原因

原因はフィルターキー機能が有効になっている為です。

手が震えて上手くパソコンの操作ができない場合、意図しないキーを押したり誤操作が頻発する場合があります。

フィルターキー機能を使用すると同じキーを何度も押したり、押しっぱなしによる誤操作を防止する事ができます。

つまりバックスペースキーの連続入力も防止される事になります。

対処法

フィルターキー機能を無効にする事で解決します。

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアクセシビリティを選択し、下の方へスクロールしてキーボードボタンを押します。

フィルターキー機能のスイッチをオフにします。

これでキーボードの連続入力が受け付けられるようになり、バックスペースキーで連続して文字を消す事ができます。

スポンサーリンク

-トラブル

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.