Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

文字入力  

Windows11でキーボードのプロパティを開く方法とショートカット作成

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でキーボードのプロパティを開く方法を解説します。

キーボードのプロパティはキーボードの設定を行う画面ですが、ほとんどの場合 Windows11 の設定アプリで事足ります。

それでもあえてキーボードのプロパティを開きたい場合は、次のように開いてください。

キーボードのプロパティを開く方法

検索して開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択して、検索窓に「キーボード」と入力します。

候補の中から「キーボード」を選択してください。

コントロールパネルから開く

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

検索結果からコントロールパネルを開きます。

右上の表示方法を「大きいアイコン」にして、コントロールパネルの一覧からキーボードを開きます。

コマンドで開く

以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前の欄には次のように入力して OK ボタンを押します。

control.exe /name Microsoft.Keyboard

キーボードのプロパティが開きました。

キーボードのプロパティのショートカットを作成

デスクトップ

デスクトップの何もない所で右クリックして、メニューの中から「ショートカット」を選択します。

項目の場所には次のように入力します。

control.exe /name Microsoft.Keyboard

次へボタンを押します。

ショートカットにわかりやすい名前をつけます。ここでは「キーボードのプロパティ」と入力しました。

最後に完了ボタンを押します。

デスクトップにキーボードのプロパティのショートカットが作成されました。

しかし、アイコンがコントロールパネルと同じでわかりにくいですね。

アイコンを変更してみましょう。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「プロパティ」を選択します。

プロパティが開いたら「アイコンの変更」ボタンを押します。

アイコンは一つしかありませんが、赤線部のパスを以下のように書き換えて Enter キーを押します。

%WinDir%\system32\DDORes.dll

色々アイコンの候補が表示されます。キーボードのアイコンなどわかりやすいのではないでしょうか?

OK ボタンを押すと確定します。

これで視覚的にもわかりやすくなりました。

スタートメニュー

前述の方法でデスクトップにキーボードのプロパティのショートカットを作成してください。

作成したショートカットを右クリックして、メニューの中から「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

スタートメニューにキーボードのプロパティがピン留めされました。

スポンサーリンク

-文字入力

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.