Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows11で画面のタッチスクリーンを無効にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でタッチスクリーンを無効にする方法を解説します。

ノートパソコンやタブレットと併用できるパソコンの場合、画面のタッチにも対応している機種があります。

普段画面のタッチスクリーンを使用しない場合、誤って触れてしまって誤動作の原因になる事もあります。そういう場合はタッチスクリーンを無効にする事で防ぐ事ができます。

タッチスクリーンを無効にする方法

タスクバーの虫眼鏡アイコンを選択し、検索窓に「デバイスマネージャー」と入力します。

検索候補からデバイスマネージャーを開きます。

ヒューマンインターフェイスデバイスを選択します。

HID 準拠タッチスクリーンを右クリックして、メニューの中から「デバイスを無効にする」を選択します。

※HID 準拠タッチスクリーンが複数ある場合は、全て無効にしてください。

タッチスクリーンを無効にできない

機種によっては上記の方法ではタッチスクリーンが無効にできない場合があります。Surface では無効にできませんでした。

その場合は次の方法をお試しください。

Intel(R)Precise Touch Device を右クリックして、メニューの中から「デバイスを無効にする」を選択します。

無効にすると再起動を求められます。再起動後、タッチスクリーンが無効になります。

※キーボードがないタブレット端末でタッチスクリーンを無効にすると操作不能になるのでご注意ください。

スポンサーリンク

-ハードウェア

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.