Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows11でアプリごとの音量を設定するアプリ「EarTrumpet」

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 でアプリごとの音量を調整する方法を解説します。

Windows10 ではアプリごとの音量調整ができましたが、Windows11 の標準機能ではできません。

Windows11 でもタスクバーの右側のスピーカーアイコンから音量調整ができますが、マスターボリューム(全体の音量)の設定しかありません。

「EarTrumpet」という無料アプリを導入する事で、上図のようにアプリごとの音量調整が可能になります。

EarTrumpetのダウンロード

「EarTrumpet」はマイクロソフトストアで公開されています。日本語にも対応しています。

タスクバーの紙袋アイコンを選択してマイクロソフトストアを開きます。

検索窓に「EarTrumpet」と入力します。候補の中から「EarTrumpet」を選択してください。

入手ボタンを押すと、ダウンロードとインストールが始まります。

インストールが完了したら「開く」ボタンを押します。

初回はこのような画面が表示されます。閉じるでウィンドウを閉じます。

※EarTrumpet は通常のアプリのようにウィンドウが開くわけではありません。バックグラウンド(常駐)で動作します。

EarTrumpetの使い方

EarTrumpet を開いても何も変化がなく困惑するかもしれません。

タスクバーの通知領域を見ると、EarTrumpet のアイコンが追加されているのがわかります。

このアイコンをクリックする事で、音量を詳細に調整できるウィンドウが表示されます。

各アプリの音量もリアルタイムに黒い線として表示されます。

タスクバーに表示する

通知領域はマウスでクリックしないと出てこないので面倒ですよね。タスクバーに表示されていれば、すぐに音量調整画面を開けます。

通知領域からタスクバーへ EarTrumpet のアイコンをマウスでドラッグして、タスクバー上でマウスのボタンを離します。

するとタスクバー上に EarTrumpet のアイコンが表示されます。Windows11 の標準の音量アイコンと2つ並ぶので紛らわしいですが、標準の方は消せないようです。

スタートアップ

EarTrumpet をインストールすると、自動でスタートアップに登録されます。次回パソコンを立ち上げた時にも自動で起動するのでご安心ください。

音量ミキサー・サウンド設定を開く

Windows11 ではなかなか開きにくい音量ミキサー・サウンド設定を簡単に開くことができます。

EarTrumpet のアイコンを右クリックして、メニューの中から「Windows の機能」→「音量ミキサー」または「サウンド」を選択します。

アンインストールする

スタートメニューを開き、設定を開きます。

左メニューよりアプリを選択し、アプリと機能ボタンを押します。

EarTrumpet の右側の「︙」ボタンを押して、メニューの中からアンインストールを選択します。

スポンサーリンク

-カスタマイズ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.