Windows11の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows11で右クリックメニューの新規作成を編集・追加する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows11 で右クリックメニューの新規作成を編集・追加する方法を解説します。Windows11 標準機能ではできません。外部ツールを導入して実現します。

過去の Windows から Windows11 まで右クリックメニューの「新規作成」を編集する機能は用意されていません。無理やり行う方法はありますが、レジストリを編集する大変高度な作業になります。

Vector で公開されている「新規作成エディタ」を使用すると、高度なレジストリ作業を簡単な操作で代行してくれるフリーソフトです。

※レジストリを編集するという想定されていない事を行うため、予期せぬ不具合が発生する可能性はゼロではありません。
※復元ポイントを作っておくなど自衛して頂き、自己責任のもとで使用してください。

フリーソフト「新規作成エディタ」をダウンロード

Vector より「新規作成エディタ」をダウンロードします。インストール不要で動作するフリーソフトです。

新規作成エディタの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ダウンロードした zip ファイルを開き、右上の「…」ボタンを押して、メニューの中から「すべて展開」を選択します。

「shellnewedit.exe」が新規作成エディタの本体となります。

マイクロソフトストアからダウンロードしたものではないので「Windows によって PC が保護されました」という警告が表示される場合があります。

不正な場所から入手したコンピューターウイルス入りのファイルを実行しないようにするための保護機能です。安全である事がわかっている場合は、詳細情報を選択します。

実行ボタンが表示されるので、実行ボタンを押します。

新規作成エディタが起動しました。

新規作成エディタの使い方

項目の削除

フィルターメニューから「新規作成あり」を選択します。

現在新規作成メニューにある項目が表示されます。

削除したい項目を選択して、新規作成無効化ボタンを押します。

無効化の確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

「はい」ボタンを押す事で、relateexec.exe による変更を許可するか確認画面が表示されます。

relateexec.exe はレジストリを変更するための付属ソフトウェアですので許可しても問題ありません。

pptx ファイルを削除したので、新規作成メニューからも削除されました。

項目の追加

フィルターメニューから「新規作成なし」または「よく使う拡張子」を選択します。

更に頭文字のアルファベットで絞り込む事もできます。

追加したい拡張子を選択して、新規作成有効化ボタンを押します。

有効化の確認画面が出るので「はい」ボタンを押します。

「はい」ボタンを押す事で、relateexec.exe による変更を許可するか確認画面が表示されます。

relateexec.exe はレジストリを変更するための付属ソフトウェアですので許可しても問題ありません。

新規作成メニューに新たな項目が追加されました。

追加されない場合

新しい項目が追加されない場合、エクスプローラーを再起動してみてください。

以下のショートカットキーでタスクマネージャーを起動します。

Ctrl + Shit + Esc

エクスプローラーを右クリックして、メニューの中から「再起動」を選択します。

アインインストール方法

新規作成エディタのアンインストール作業は必要ありません。ダウンロードしたファイル群を削除するだけです。

※削除しても編集した新規作成メニューを元に戻す機能はありません。

スポンサーリンク

-カスタマイズ

Copyright© Win11ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.